プリントネームと織ネームの違い

ネームタグにはプリントネームと織りネームなどがあり、作り方や仕上がりの雰囲気が異なります。プリントネームと織りネームの違いにはどのようなものがあるのでしょうか?福井にある弊社では、ワッペン・ネームタグの作成を行っておりますので、是非ご利用ください。

プリントネーム

プリントネーム

プリントネームは、ベースとなる生地にスクリーン印刷機などで、ロゴマークやブランド名を印刷したものです。アパレルメーカーが製作する洋服についているネームタグなどが代表的です。

印刷方法には、シルクスクリーン印刷と凸版印刷(シーリングプリント)の2種類があります。シルクスクリーン印刷は色を明確に出すことができるため、多種の素材にプリントが可能で、凸版印刷は素材に馴染みやすいため、ナチュラルに仕上がります。

また、小ロット・多色プリントへの対応として、昇華プリントネームがあります。染料をガス化して生地の中に染め込む転写方式で、落ち着いた美しい発色が得られます。

織りネーム

織りネーム

織りネームは、ベースとなる生地にブランド名や絵柄に合わせて選んだ糸を1本1本織り込んで作るものです。鮮やかな発色、織りの自然な光沢、丈夫で長持ちするなど様々な特徴があります。このように高級感があり耐久性にも優れているため、ブランドタグにはピッタリなものといえます。

織りネームは織り方が数種類あり、それぞれで特徴や雰囲気が異なります。基本的な2種類として、平織りベースはやや薄手の生地で、光沢が少なく、丈夫で摩擦に強くなっています。朱子織ベースはやや厚手で柔らかく、光沢があり、しわになりにくいという特徴があります。

また、綾織ベースは厚手に調整が可能で、やや光沢があり、しなやかに仕上げることができます。ベタ織りタイプは厚手でしわになりにくく、比較的自由な表現が可能です。防縮織タイプはゆがみや収縮などに強く、高密度織タイプは厚手が多く、しなやかさと色の表現が幅広くなっています。こだわりのネームを作るなら、様々な特徴がある織りネームがおすすめです。

福井にある弊社では、ワッペン・ネームタグの作成を行っています。お客様から送っていただいたオリジナルデザインをもとに、ワッペン・ネームタグを製作いたします。ロゴマークはもちろん、自筆のサイン・イラスト・シルエットなども製作可能です。オリジナルワッペン・ネームタグの製作をお考えの方は、是非弊社へオーダーください。