ワッペンの取り外し方

衣服のワンポイントとして取り入れることの多いワッペンネーム・ワッペンには、正しい取り外し方があります。取り外し方を間違えるとのりが残ったり、跡がついたりすることがありますので注意が必要です。綺麗にワッペンを取り外すためにも、ワッペンを取り外す際のコツをおさえておきましょう。

アイロンの熱を利用しよう!

アイロンの熱を利用しよう!

粘着力が強いワッペンは、貼り付けた時と同様にアイロンの熱で取り外します。まずは、アイロンを当てる前に衣服が焦げないようワッペンの上に当て布を置きます。アイロンを中〜高温にしてワッペンにあて、冷たくならないうちに慎重に取り外します。

取り外す際には火傷をする場合もありますので、絶対に素手では触らないようにし、ピンセットや爪楊枝など剥がしやすい道具を使用しましょう。

ワッペンの跡が残ったら・・・

アイロンを使ってワッペンを取り外しても、のりが綺麗に剥がれていない場合があります。その場合は布を当ててもう一度アイロンで温めることで、ほとんどののりを取ることが出来ます。のりは熱に弱いため何度もアイロンを当てることで、のりが溶けて剥がれやすくなります。それでも取れない場合は、当て布を湿らせてからアイロンをしてみましょう。

それでも剥がれない頑固なのりは?!

それでも剥がれない頑固なのりは?!

アイロンをしてもなかなか剥がれない頑固なのりは、薬局などで販売されているエタノール消毒液を使いましょう。のりの種類にもよりますが、エタノール消毒液を綿棒などに浸して少しずつこすることで、ボロボロと剥がれて跡を残さず綺麗に取ることが出来ます。

弊社では、刺繍ワッペンなどのオーダーを承っております。様々なネームタグも取り揃えており、プリントネームやスクールネームなどもご用意しております。多くの数が必要な場合、試作品をオーダーし確認することも出来ます。病院介護施設・学校など様々な施設からの刺繍ワッペンのオーダーを承っておりますので、是非お気軽にご利用ください。