ワッペンと相性の良い素材、悪い素材

洋服やバッグなどにワッペンを付けてオリジナリティ溢れるファッションを楽しみたい方も多いと思います。そんなオシャレを演出してくれるワッペンは、つける素材との相性が大切です。こちらでは、ワッペンと相性の悪い素材と良い素材をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

相性が悪い素材

相性が悪い素材

ワッペンには様々なタイプがありますが、アイロンタイプのワッペンは、ナイロンやアクリルなどの素材と相性が良くありません。これらの素材は熱に弱く水が染み込みにくいので、ワッペンののりも接着しづらくなっています。

また、厚みがあり伸び縮みするニットのような素材もアイロンタイプのワッペンとは、相性が良くありません。ただ、これはアイロンタイプのワッペンに関してであり、縫い付けタイプ・ピンタイプ・テープタイプのワッペンならほとんど付けられます。

相性が良い素材

相性が良い素材

アイロンタイプのワッペンと相性が良い素材として、熱に強い綿や麻などが挙げられます。綿の中でもデニムとの相性は抜群で、デニムジャケットやデニムパンツに付けてリメイクするのもおすすめです。

厚手でハリがある素材にはピンタイプのワッペンが良いでしょう。素材が厚手ならワッペンの重さにも十分耐えられますし、簡単に取り付けられます。

また、縫い付けタイプのワッペンは専用のボンドを使うことで縫う必要もなく付けられますので、様々な素材と相性が良いといえます。

オリジナルワッペンのオーダーをお考えの方は、是非弊社にご相談ください。布製プリントワッペン・織ワッペン・刺繍ワッペンの3種類の中からオーダーが可能です。また、カジュアルなものや高級感のあるものなど、お客様のご希望に合わせて製作いたします。

参考見本をお送りすることも可能ですので、実物サンプルを見たいという方もお気軽にお問い合わせください。プライベートブランド用の高品質織ネーム病院介護施設用ネームなどのオーダーも受け付けておりますので、オリジナルワッペンのオーダーをお考えの方は、是非ご利用ください。