創作小屋の始まり



今後、我まま亭が歩むべきはやはり創作の道、イメージとしては「やきもの」などが似合いそう。
ということで、大胆にも「登り窯」の製作から始めることになりました。

7月、先ずは窯元を訪ねる。
丁寧なご説明、誠に有難うございました。
本格的な登り窯を見るのは初めて、圧倒される。 「同じもの作れるわけねーわな、
場所にも合わせてミニチュアサイズにしておこう
でも肝心な所はしっかりと見てきました。
  
    
−さて、ここからが本作業です−
  
  
ようやく入手出来た耐火レンガ、
これがなくては始まりません。
10月末、亭の前庭にスペースを確保して側板作りから始める。ここでも丸太へのこだわりを貫く。   
登り窯の長さ、角度を吟味する。どこまで窯元に肉薄出来るか楽しみです。

・・・とうとう始めてしまいました。




「我まま亭の記録」 トップへ